GREEN*ORANGE*BROWN

基本的に褒め称える。

SEVENTEEN 『Al1』 所感  

17053101.jpg
アイドルはロスに捨ててきた。
(いやむしろソウルに捨ててロスに行ったのかな?笑)
 



アイドルというよりもポップさを捨てたって感じかな?
いや捨てたんじゃないか。
今回はアルバムのコンセプトとしてポップさを封印したんでしょうね。
きっとまたいつか突如ポップな名曲を出してきたりすると思ってます!

更に今回、かなりアメリカナイズされた内容だと思います。
そういうのをやってみるためにアメリカに行ったのか、
アメリカに行ったからそうなったのかはわかりませんが。
なんというかこう、アメリカで一地位築いてる人気ジャンルを踏襲したような感じです。
あっそうでもないかも笑
私がそんな気がしてるだけかも笑

『Going Seventeen』でもそうだったんですけど、
「アイドルのアルバムでこんな曲聴けると思わなかったわ~」的な曲が出てくるので、
最近めっきりK-POPばっかりな身としては嬉しいです笑
主にセブチのおかげで曲のことを少しでも説明したいために、
あれこれと音楽用語やジャンルを調べたりして勉強になります笑
まあ私そんな色々聴いてないので、
全然他のアイドルのアルバムでも幅広いジャンルが展開されてるのかも知れないですけど。
今回はオルタナティブが2曲(3曲?)も入ってます。
嬉しい!!



◆◆『울고 싶지 않아 (Don't Wanna Cry/泣きたくない)』◆◆◆◆◆
SEVENTEEN 『울고 싶지 않아 (Don't Wanna Cry)』 所感
追加で少し感想を述べます。
件のブリッジですが、
ウォヌ→ミンギュ→ジョンハン→スングァン→ウォヌって流れも然ることながら、
その後ろのストリングのメロディもまたなんとも美しくてせつないですよね。
ここでいきなり出て来るのにしっくりと曲になじんで雰囲気を作っています。
あと2番の歌いだしがクプス→ジョンハン→ジョシュアと95lineで歌っているところは、
だから何って感じだけどなんか良い!
大人の魅力だな。
あとこの曲のクレジットを見て「おおっ!!」となったのが、
この曲のコーラスをいつものボムジュヒョンとウッジ、
そしてホシくんが担当していること!!
ホシくんがコーラスを担当する時代到来!

音楽番組を観ていて思ったのですが、
今回の曲はなんというかアイドルが歌って踊るところを観るというよりは、
京劇やバレエを観に劇場に行った時のように、
意図せずこの『ひとつの歌とダンスの舞台を観る』ような気持ちで観てしまいます。
もちろん、所々に「可愛い…♡」「格好いい…♡」が確実に存在するんですけどねw
そういう気持ちになるのはセボンちゃんの思うつぼなのでしょうか笑

そしてこの曲の『涙が沢山出るけど泣きたくない』という歌詞について考えていました。
この曲における『泣く』というのは実はとても限定的で、
それはつまり悲しみに対し
『諦めること』『絶望すること』『負けてしまうこと』
を意味するのではないかと思いました。
だからこの歌は、
どんなに涙が出ようとも諦めたくない絶望したくない負けたくない、
そういう歌なのではないかなという私の解釈なのですが、
既に曲解説が出てしまってからブログにアップするもんだから後出し感笑


◆◆『입버릇 (口癖)』◆◆◆◆◆
これもかなりアメリカ的なアレンジだと感じました。
だって何を隠そうこの曲のアレンジはいつものボムジュヒョンではなく、
Simon Petrenというアメリカ…かはわからないけど少なくとも欧米人。
BSBとかが歌いそうな雰囲気のアレンジですね。
知識足らずで上手い説明ができないんですけど…ソウルミュージックですかね?
はあ…ボカチはセブチの分隊であるにもかかわらず、
実質立派なひとつのボーカルグループです。
静かに穏やかに優しくちょっとノスタルジックなABメロではジスウジジョンハン、
力強くて広がりのあるサビをドギョムとスングァンがリードしています。
聴いていて本当に気持ちが良いです。
ただ私、最近ボカチの歌が失恋ソングばっかりなのでちょっと寂しい笑
そのうち甘ーーーーいッ!なバラードも歌ってくださいボボ様!

◆◆『IF I』◆◆◆◆◆
オルタナティブでラップ!
いやいやひたすら格好良くて雰囲気あって良いです。
大好きです本当に!
元々、プログレッシブだのオルタナティブだのが大好きな中二病患者なので堪りません!
前々から思っていたのですが、
セブチのヒップホップチームは
ゴリゴリのヒップホップよりも感性派のお洒落なラップの方が好みなのかもしれないですね。
今んとこMAXオラオラしてるのが『Ah Yeah』ですもんね。
個人的には、心穏やかに聴けるのでその方がありがたいです!笑
でも、やりたくなったらギャングスタ的なやつでもなんでもやったらいいし。
いや…性格穏やかすぎて難しそうかも笑
そしてこの曲のクレジットを見てまたも「おおっ!!」となったのが、
この曲のコーラスをいつものボムジュヒョンとミンギュが担当していること!!
キム・ミンギュがコーラスを担当する時代到来!

歌詞の内容はそのタイトルの通り、誰かに何かをしてあげられなかったことを悔やむもの。
失恋の歌とも取れますが、
妹曰く「道を違えていったかつての仲間たちへの思いのように聞こえる」とのこと。
そう思って聴くとむしろよりせつない。


◆◆『Swimming Fool』◆◆◆◆◆
『HIGHLIGHT』にこの『Swimming Fool』に、
やっぱパホチはEDMで躍り狂いたいみたいですね!
少なくともホシくんは、
ソロデビュー曲『Hurricane』(妄想)もEDMだし、確実にEDM好きだな!笑
ド直球のEDMでありつつ、今大流行りのトロピカルハウスに乗っかって来ました!
もう今夏のみならず来年以降も夏毎にブン回すしかないキャッチーな一曲です。
ちなみにホシくん、この曲でもボムジュヒョンと共にコーラスに参加しています。
今回も是非CV出してほしいぞ!!

歌詞は今回のアルバムでは少数派の、ストレートなラブソング。
君に『溺れて』『少しずつ息が苦しくなる』『Swimming Fool(Poolと韻を踏んでいる)』と、
夏の雰囲気たっぷりなサウンドと水に絡めた歌詞が上手い上手すぎるな素晴らしい曲ですよね。


◆◆『MY I』◆◆◆◆◆
今回の目玉曲です!笑
これも何となくトロピカルハウス風+オルタナティブっぽいかな?
内容と、原始的なサウンドがとても合っていると思うのです。
チャイナラインのデュエットというところから想像もしなかった、
ナナメ上の曲を出してきました。

これもまたタイトルから察することができるように、『自分自身』をテーマとした曲です。
少なくとも私が聴いている範囲では出会ったことのないテーマすが、
なんでもこの曲、ミンハオちゃんが中国語で書いた歌詞を、
ジュンピとボムジュヒョンの助けも借りて韓国語訳したものなのだそうです。
そういやミンハオちゃん、
『BOYS BE』に載っているロケ中の思い出を綴った文章が、
かなり感性的で美しかったですよね。
自分という内側の世界がテーマなので哲学的な雰囲気で、
切ない雰囲気と共に力強さのある歌詞でなんかこれも泣ける曲です。
セブチにはまだ隠れた詩人がいたのか…!!


◆◆『Crazy In Love』◆◆◆◆◆
こちらはいつものセブチって感じですね!
大人っぽくて格好良い雰囲気の曲ですが、
ビートやサウンドに60年代ディスコ感があったりして大変好みですう…!!
ミンギュの奇妙なラップが気持ちいいです。
パフォーマンスでもセブチの醍醐味であるコミカルな表情演技を盛り込んで、
且つサビでは迫力のカル群舞が見られます!
先日チラッと書きましたが、
今回のカムバが「新しいSEVENTEENを」というスタンスのものでなければ、
確実に活動曲にできたであろうパワーのある1曲だと思います。


◆◆『WHO』◆◆◆◆◆
2月のセブチコンで全俺が騒然としたパホチの未公開曲!
パホチがまさかのゴリゴリのオルタナティブです!
むしろパホチだからやれたのかな。
オルタナティブって多分歌唱力が必要ない訳じゃなかろうけど、
あんまり歌唱力フル活用って感じのジャンルではないから。
衝撃のホシくんのデス声シャウトで始まり、
妖しく物騒な雰囲気はさながら上級ボスの待つダンジョンのような曲です!
オンゲーとかで使ったら良くね?
ていうか私がやってたオンゲーに、
あんなデス声上げながら襲い掛かって来る奴いたぞ!笑
とにかく完全にアイドル感捨て去ってますね。
大好き!

歌詞の和訳は見つけられなかったのでやりました。
世界観重視でオルタナ感満載です。


◆◆『Check-In』◆◆◆◆◆
こちらも待望の収録!
ヒポチのお洒落ラップが爆発した名曲です。
私の大好きな、ミンギュの奇妙なラップもポイントです。
発表時の記事を貼っておきますね!
SEVENTEEN Hip Hop TEAM  『Check-In』 所感
ミンギュのオレンジなつかしいw




ポップ封印したとか言いましたけど、
それでいて何気にどの曲もリフレインが印象的で中毒性が強い曲だと思います。
『울고 싶지 않아』はサビのシンセのリフレイン、
『IF I』はギターとシンセのリフレイン、
『Swimming Fool』は口笛(風?)のリフレイン、
とこのようにかなりキャッチーな要素が仕込まれているように感じます。

実は前作の『Going Seventeen』はなんとなく、
心して聴かなきゃいけないような雰囲気の曲が集まっている感じがしていたのです。
今回の事前に公開されたティザーなどコンセプトがまた更に高尚な感じになったので、
アルバムの内容も前作に続きそんな感じかな~と思っていました。
が、むしろ今作は頭の裏側というか右脳で聴く感じというか、
難しいこと考えずに意識を曲に委ねて浸って聴くと吉!な感覚的な曲が揃っていると思います。

また今回は、毎度コーラス担当といえばボムジュヒョンとウッジとスングァンだったのが、
今回はスングァンが出なくなって、
代わりに曲に合わせてホシくんとミンギュが担当するようになりました。
この辺もまた、使い分けの新たな選択肢を見出したということなんでしょうね。
何気に2人とも、声に特徴のある子ですからね~。

そんな訳で今回改めて、
SEVENTEENは
思いもよらない方向へも無限に広がっていけるグループだな…と思いました。
なんか『SEVENTEEN PROJECT』とかいう仰々しいワードも使ってきていますので、
今後の展開が既に楽しみです!



ところで、

17062902.jpg
うん、
絶対やると思ってたよ!(^o^)

遅かれ早かれ絶対やると思ってたよ!笑

やっぱインフィニット、しかも龍というのがまた中国人らしい!
もしかしたら他のところにもあるかもしれませんね~。
ちなみに私、ジョシュア坊ちゃまもそのうちやると思ってます笑
私の中では次の有力候補です笑
クプスもやるかもしれないなあ。

17062901.jpg
そしてトレカなどのランダム要素はこんな感じ。
ジュンピィィwwwww
例によってなかなかの偏りっぷりです笑






ご訪問ありがとうございます(*´ω`*)
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 芸能ブログ SEVENTEENへ にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ にほんブログ村 芸能ブログ 韓国女性アイドル・アイドルグループへ
関連記事
スポンサーサイト

category: SEVENTEEN

tag: SEVENTEEN  K-POPアルバムレビュー 
tb: --   cm: 2

コメント

きりやさん

『IF I』せつないです(´;ω;`)
ここ最近のパホチの曲は理屈抜きに感覚に刺さる格好良さですよね!

コンサート本当に楽しみです。
どれを歌ってくれるかな~!!

某ユウキ #BgjYYSJk | URL
2017/07/03 00:07 | edit

IF I最初に聞いたときはお洒落ラップだな~くらいな感じでしたけど、歌詞見るとめちゃくちゃ切ないですね(;_;)(;_;)
そして前回のHIGHLITEに続き今回もパフォチの曲に一目惚れ(?)でした…笑

今回のアルバムも好きな曲多いのでコンサートが楽しみです…!(*´ω`*)

きりや #- | URL
2017/07/02 13:49 | edit

コメントの投稿

Secret

タグリスト

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

その他

書いてる人